こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

寒い!寒すぎますね!こんな日は風邪ひかないように暖かくして、まったりするのが一番です(笑)

さて、今日私が気になったもの!それは韓国映画。毎日気になるものがいっぱいで、忘れないようにメモしてます。

今韓国で上映している映画が気になったので、皆さんに紹介しますね。

目次

  1. 韓国映画館の特徴は?(page.1)
  2. 韓国上映中映画、人気おすすめ作品は?(page.2)
  3. まとめ(page.2)
スポンサードリンク

韓国の映画館の特徴は?

韓国映画は皆さんよく見ると思うんですけど、韓国に行ったときに韓国の映画館で映画を観たことありますか?

私はまだな~い。ということで、韓国の映画館がどんな感じなのか調べてみました!

韓国の映画館って、味のある小さい映画館が多いのかなって勝手なイメージを持ってたんだけど。違ってましたね~。

韓国の映画館も、日本の映画館のように「シネコン」化が進んでるみたい。

シネコンの説明をうまくできないと思ってね、調べてみたら。なんと私の思ってるシネコンとちょっと違ってた!

私は、ショッピングモールの中にある大きな映画館のことをシネコンだと思ってました…

そう思ってた人もいますよね?

そうじゃないんですって~。シネコンとは、

シネマコンプレックス (cinema complex) は、同一の施設に複数のスクリーンがある映画館である。シネコン複合映画館とも呼ばれる。

引用:wikipedia シネマコンプレックス

何個もスクリーンがある映画館ってことでよろしいでしょうかね。そう考えたら、最近はそんな映画館ばっかりだよね。みんなシネコンなんだ!

そして、やっぱり韓国の映画館の3Dや4Dなどに対応しているところも多くなっていて、そんな流れは日本と一緒だね。

私まだ、4Dは体験したことないけど、楽しいのかな~。映画の内容にもよるんだろうけど、一度観てみたいな。

韓国の大型シネコンで気になるもの発見しました!

テンピュール(TEMPUR)シート!!

寝ながら映画を観たいっていうのを叶えてくれるシートですね(笑)これ人気なのかな?

寝ながら観たら、寝ちゃうでしょ!

もちろん、日本にもあるカップルシートもありますよ。

SWEETBOXシートっていうんですって~。

映画館もいろいろ考えてお客さんに来てもらわないと、いけないですからね~。

韓国の映画館で普通の席で観るなら、8,000ウォンから10,000ウォンで1本の映画を観ることが出来るんですって~!3Dとか4Dとかsweetboxシートとかにすると値段は上がるけど、普通に観るなら、学生でもデートで使えるね。

やっぱり日本の映画館の料金って高いんですね…映画好きだけど気軽には行けない。

2008年に韓国の公正取引委員会が、韓国の映画館に食べ物を持ち込めないのは不合理だとして、国内の映画館に好きな食べ物を持って入ってもいいと許可を出しました。

なので、韓国の映画館では自分の食べたいものを持ち込んで映画を観ることができるらしいんですが、今そのマナーが問われて問題になってるみたいです。

食べたいものなんでも持ち込んでいいと言われると、人それぞれ常識が違うから、ラーメンやトッポギ、においのきつい豚足スンデも持ち込んだ人がいたみたいです。

映画に集中するなら、食べ物は映画館で売っているもので十分だと思うけどなぁ。1回韓国映画館で何をみんなが食べているか観てみたいけどね。興味津々です!

次のページで、現在韓国で上映中の映画、人気やおすすめの作品について紹介!