こんばんは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

寒くなると鍋が美味しい季節になるけど、それと同時にラーメンが食べたくなる!

韓国には美味しいラーメン屋さんってあんまりないというか、日本人好みの味じゃないって感じかな。

でも、韓国のインスタントラーメンは日本でも人気だよね。

ということで、今日は韓国のインスタントラーメンについて書いてみます。

目次

  1. 韓国インスタントラーメンは辛いだけ?(page.1)
  2. 韓国インスタントラーメン人気おすすめは?(page.1)
  3. 韓国インスタントラーメン、食べたいのはこれ!(page.2)
スポンサードリンク

韓国インスタントラーメンは辛いだけ?

韓国インスタントラーメンといえば、なんかイメージだけで辛い感じがするよね。

何しろ色が赤い!あ、パッケージがね。赤いのが多いよね。

そして、私韓国大好きなのに辛い物があまり得意ではないという衝撃の事実…

でも、韓国旅行に行くとお土産で買って帰りたくなるんだよね。5袋入りとかで、ものすごくかさ張るんだけどね。

あんまり色んな種類のインスタントラーメン食べたことない私ですが、なぜかどれを食べてもやっぱり辛く感じるんですよ。辛さに弱いからかな。

辛いのお好きな人が羨ましい。辛さに負けて、味がね。よくわかんないんだよね。

ということで、私の勝手にランキングで韓国インスタントラーメンの人気おすすめ商品を紹介しちゃいます!

韓国インスタントラーメン人気おすすめは?

韓国インスタントラーメンの定番といえば、やっぱりこれ「辛ラーメン」

すでに日本仕様になってるくらい、日本でも食べられてますね。

1986年の発売から、今年で30年!?すごいじゃないですか!根強い人気。

今では世界80か国で販売されているんだって~。今までに210億個も売れたらしい。

辛ラーメンの特徴は、スープがビーフエキスをメインに作られてるんだけど、これも改良を重ねられてるみたいだよ。辛いだけだと思ってた。

麺も改良して、もちもち感を出すために強力粉を増やして伸びにくくなってるんだって~。

そんな小さな改良がされてるなんて、知らなかった!

寒い季節、土鍋で辛ラーメン食べるのもおいしそう。具をたくさん入れて、食べるのがおすすめです!辛ラーメンレシピでは、しゃぶしゃぶ用の豚肉とねぎとショウガを入れて煮込むっていうのを見たけど、体が温まりそうでおいしそうだと思った~!

そのまま食べるとそんなに魅力的に感じなくても(笑)技があれば、美味しく食べられるんですよね。

続いて「ノグリラーメン」

これ、韓国人の友達と韓国で買い物に行ったときにおすすめされたラーメンなんだけど、赤くない!って思って買ったんだよね。

これならマイルドで美味しく食べられそうって思ったの。

麺が丸みがあってぽっちゃりしていることから、「狸」という意味の「ノグリ(ノクリ)」という名前がついたそうです。

パッケージにも狸がちょこっといるよね。

日本に帰ってきて早速作って食べたんだけど、やっぱり辛かったです。

ノグリラーメンのこの黄色のはあまり辛くないってほうなんだけどね。

こっちが赤いほうで、私は食べたことがないんだけど、きっとものすごく辛くて大変なことになるんだろうなって予想できる(笑)

続いて、「チャパゲティ」。果たしてこれはインスタントラーメンの部類でいいのかな。

今まで紹介してきたの全部「農心」ってメーカーなんだけど、このチャパゲティも農心でした。

インスタントラーメンの大手メーカーだね。

チャパゲティが発売したのは1984年なので、なんと「辛ラーメン」より長い歴史がある!

そして、今も売れている人気商品。

ジャージャー麺にオリーブオイルを使ってスパゲッティっぽくしてるから、ネーミングもチャパゲティにしたのかな~。

私これは食べられましたよ!辛くなくて、よかったんですが…

作り方のせいでしょうね。美味しくなかったんだけどなぁ。美味しい作り方を見て研究しなかったからいけなかったんだろうな。

チャパゲティを作るにはちょっとしたコツがいるようなんです。

研究してもう一回今度作ってみます!水分と粉末スープのバランスが大切なようで…

チャパゲティはラーメンみたいにスープがないので、粉末スープが麺に絡んで美味しく仕上がるようなんだけど。

私の作ったのは水分が多すぎたんだろうな。この教訓を次回につなげます。

次のページで、食べてみたい韓国インスタントラーメンを紹介します!