こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

今日は、カフェが多い韓国でも人気のスターバックスについて書こうと思います。

日本でもとりあえずスタバでみたいな感覚があるけど、韓国もそうかもしれないね。

日本との違いをチェックしてますね。

目次

  1. 韓国スターバックスについて(page.1)
  2. 韓国スターバックス限定モレスキン手帳って?(page.1)
  3. 韓国スターバックス、プリンやタンブラーは日本と違う?(page.2)
スポンサードリンク

韓国スターバックスについて

日本でもスタバって言ったら、いつも人いっぱいで人気あるんだな~って思ってるんだけど、私はほとんど利用しないんだよね。

なのでスタバあんまり詳しくないけど、韓国のスタバも人気なので調べてみたくなっちゃいました!

早速日本と韓国のスタバの違いを見ていきましょ~!

スタバ

まず、日本のスタバの第1号店は銀座だったっていうのは、知ってる人が多いよね。

「銀座松屋通り店」が日本の第1号店です。

オープンしたのは1996年8月で、北米以外でスタバがオープンするのは初めてだったみたいだよ。

意外とまだ日本に来てそんなに経っていないことに、驚いちゃった!

その後2003年には初のドライブスルー店がオープンしたり、いろいろとメニューも工夫をして今の人気につながってるんだね。

そして、日本には2016年12月31日時点で1,245店舗もあるんだって~。

続いて、韓国のスタバについてです!

韓国のスタバ1号店が出来たのは、1999年。日本より3年後だったんだね。梨大前が第1号店です。

韓国のスタバで初めて、ドライブスルー店が出来たのは2012年みたい。生活スタイルとか、車の利用頻度とかも違ってるだろうから、ドライブスルーへのニーズがあんまりなかったのかもね。

スタバ2

私が一番気になったのは、韓国のスタバは今何店舗あるかということ。

2016年12月14日に江南区清潭洞に1000店舗めがオープンしたんです!

なので、12月14日現在で1000店舗。韓国スタバもたくさんあるもんね~。

韓国はカフェがいっぱい!?韓国カフェで人気のメニューは?

韓国スターバックス限定モレスキン手帳って?

韓国スタバで毎年人気で売り切れ続出となる商品。それがスタバ手帳

コーヒーと関係ない(笑)

でも、大人気ですぐに売り切れちゃうんだよ。

もちろん韓国の人にも大人気だけど、韓国に旅行に行った日本人も買っていくという人気者。

調べたんだけど、もう何年も韓国ではスタバ手帳が発売されていて、リピーターも多いのが特徴。

そして2015年からなのかな、「モレスキン」とコラボして発売。大人気となってます。

モレスキンっていうのは、イタリアのモレスキン社が販売する手帳ブランドです。私も知らなかったんだけど、1986年に生産を終了しちゃったんだけど、1988年に復刻してモレスキン社が販売してるんだって。

私も、モレスキンの手帳の紙の書き心地が大好きです。モレスキン使ってるわぁ~って感じでテンション上がるし(笑)詳しいことはわかってないくせに、使ってみたくなるんだよね。

熱狂的なモレスキンファンもいる中で、韓国のスタバは手帳でコラボしてます。

日本でも売って欲しいっていう声が多く上がってますよね!

手帳の中身もこだわっていて、改良がされたりするみたい。手帳って人によってここはこう出会って欲しいっていう、こだわりあるから大変だけどね。

今年は、赤・黒・ピンク・ミントの4色展開でした。

赤と黒は店舗で普通に購入が出来るんだけど、ピンクとミントは決められた期間に、17杯(そのうち3杯は季節限定みたいのを飲まなきゃだめだったみたい。)飲んだら手帳を貰えるシステムになってました。

スタバのアプリに登録して、17杯飲んだかチェック出来るようになっていたみたい。

面白そうだけど、17杯ってきついよね。毎日1杯飲んで17日か…

挑戦した人は頑張ったんだろうな~。だって手帳の為だもんね!

色々ついてて可愛いし、私も使ってみたい!来年こそ手に入れてみたいわ~。

次のページでは人気のプリンやタンブラーについてチェック!