こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人のゆえなです。

これから韓国プロマニア(笑)を目指して、どんどん情報を発信していこうと思います。

今回は、韓国のタクシーについて書いていきます。便利そうだけど実際どうなの?って気になりますよね。

目次

  1. 韓国タクシー種類や見分け方は?(page.1)
  2. 韓国タクシーの乗り方は?(page.2)
  3. 韓国タクシーの料金は?(page.2)
スポンサードリンク

韓国タクシーの種類や見分け方は?

韓国も日本と同じように、たくさんタクシーを見かけます。日本より料金も安いし、利用しやすいとは思うけど、実際韓国のタクシーってどうなの?って思いますよね。

日本のタクシーとの違いはいっぱいだし。

まずは韓国タクシーの種類について勉強しちゃいましょ。

韓国では大きく分けて4つの種類のタクシーが走ってます。

①一般タクシー

タクシー会社系が主にオレンジで個人タクシーは白やシルバーの車体で車自体は中型車のタクシー。

オレンジ色のタクシー会社系はヘチタクシーと言われていて、2010年2月にソウルの象徴として誕生。

ニューヨークの「イエローキャブ」とかロンドンの「ブラックキャブ」みたいにしたかったみたい。

個人タクシー(白やシルバーの車体)もオレンジの車体にして一般タクシーを統一しようと思っていたんだって。

そんな思いも、オレンジ色が個人タクシーの方たちから不評だったようで…

それで、今も統一されずに白やシルバーもあるんですね。

個人タクシーにはハングルで「개인」って書いてあります。

一般タクシーのトラブルは以前よりは、少しは減ってきているようですが、初めて韓国旅行に行く時は乗車に気を付けなければいけないかな。

一般タクシーは、サービスもばらばらだし、日本語も英語も通じないですね。

②模範タクシー

模範タクシーは車体は黒塗りで、排気量が2000㏄クラスの大型車のタクシー。

屋根の上に黄色の表示灯があって、車体横には「Deluxe Taxi」、「모범택시」と書いてあります。

車内もちょっと広かったり、日本語がわかったり優良ドライバーが多いので、一般タクシーより料金設定は高くなってます。

相乗りもさせないし、初めての観光客にはおすすめのタクシー。

料金設定が高いので、一般市民はあまり乗らないみたいです。

そして、そのせいなのかどうなのか、年々模範タクシーの台数は減りつつあるんだって。

③ジャンボタクシー

最大8人まで乗れる大型のタクシー。

大勢で買い物に行って、荷物がいっぱいの時には使えますね。

2001年に仁川空港の開港があって走り始めたみたいですが、台数が少ないのが難点。

車体横に대형택시」、「JUMBO TAXI」って書いてありますね。

④インターナショナルタクシー

2009年5月に誕生したタクシーで、オレンジの車体の中型車と黒の模範、大型車がある…

ということは、外見だけだと一般タクシーだと思ったり、模範タクシーだと思ったり。

見分けかたが難しいな。

屋根の上の表示灯に「International TAXI」って書いてあるくらいしか、見分け方がないと思ったけど、ボンネットに何かマークがついてるって聞いたことがある!

写真で確認すると確かについてる!これも一般タクシーとの違いなので間違えないようにしなきゃ。

そして、インターナショナルタクシーは公認の資格を持った運転手さんが対応してくれるので安心!

インターナショナルタクシーは外国語テストに合格した運転手が日本語で案内してくれるので、助かるね。

仁川空港、金浦空港には、予約をしなくてもいつでも運転手が待機しているので、利用するときは空港の案内デスクに行ってタクシーを呼んでもらうことも出来るんです。

空港内のインターナショナルタクシー案内デスクの場所

仁川国際空港:1階入国フロア4~5番ゲートの間、8~9番ゲートの間

金浦国際空港:国際線1階到着フロア1~2番ゲートの間

引用:https://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/

 

韓国タクシーの乗り方については次のページで確認しよ!