こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

あっという間に1月も3連休が終わって下旬になっちゃいますね。

すぐ2月が来ちゃう!2月といえば、あの行事が!

そうです。「バレンタインデー」

今日は、韓国のバレンタインデー事情について書いてみるね。

目次

  1. 韓国のバレンタインデーって?(page.1)
  2. 韓国にも義理チョコはある?(page.2)
  3. ブラックデーって何?(page.2)
  4. まとめ(page.2)
スポンサードリンク

韓国のバレンタインデーって?

もうすぐ2月ということで、韓国のバレンタインデーについて調べたいと思います。

日本では昭和30年代から始まったけど、その当時はチョコもほとんど売れず…その後チョコレート会社がバレンタインデーを広告し始めてようやく昭和40年代の後半から50年代にかけてちょっとずつ盛り上がってきたんだって。

女性から男性にっていう形は日本から始まってるよね。あ、チョコレートを贈るのも日本のチョコレート会社から始まった説が有力だし。

日本の女性会社員は、バレンタインデー文化にかなりの割合で反対してるみたい。だって義理チョコ買うの大変だもんね!

今は少しずつ、義理チョコなくてもいいような風潮になってるのは、きっと男性もホワイトデーにお返しを義理で渡すのも大変だと思ってるからだろうね。

韓国のバレンタインデーは、どんな感じか気になるよね。

韓国のバレンタインデーも、日本とおんなじなの。女性から男性にチョコレートを贈るってところも同じ。

チョコレートを贈るのって、日本から始まったバレンタインデー文化なんだけど、それも一緒なんです。

日本では昭和40年代後半から盛り上がってきて、今のようなものすごいイベントになっているバレンタインデーだけど、韓国でバレンタインデーが知られてきたのは平成に入ってからみたいなんだよね。

西暦でいうと1990年代ってことだね。

世界で愛の日とされる聖バレンタインデーとしての名前は知ってたとは思うけど、イベントとして機能し始めたのはこの頃みたいだよ。

日本の文化をホントにそのまま取り入れたので、女性から男性に渡すのもチョコレートを渡すのも一緒なんだね。そしてなんと「ホワイトデー」も一緒に伝わっていったみたいで、今では韓国でもホワイトデーがイベントになってるね。

バレンタインデーに贈るチョコは、やっぱり韓国も豪華でラッピングにこだわっていたり、愛がたっぷり込められているのがわかるような見た目が人気みたい。

バスケットにチョコが入ってるのも定番で人気なんだって。

2月バレンタインデー前に旅行に行った時には、そんなに韓国がバレンタインデーで盛り上がってる感じはしなかったけどなぁ。

日本も自分チョコや、友チョコみたいに恋人たちの日って感じじゃなくて、一つのイベント(ハロウィンみたいな)として楽しむ形に変わってきている感じだけど、韓国も独自にかわっていきそうだよね。

それでも、韓国でも恋人同士限定だと思うけど、手作りチョコも日本と同じように贈ったりするんだって。彼女からもらえたら、男性はすっごく嬉しいと思うなぁ~!

恋人たちの記念日について詳しくはここでチェック!

韓国にも義理チョコってあるの?詳しくは次のページで!