韓国にも義理チョコはある?

義理チョコも日本のバレンタインデー文化から生まれた一つだけど、韓国ではこれも取り入れているのか気になるよね。

結論!韓国でも義理チョコはあります。

義理チョコって名前ではないけど、お世話になっている男性に対して女性がチョコを贈るみたいです。

主に、会社の上司、同僚、もちろんお友達にもあげます。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

日本では義理チョコに500円から1000円以下のお金をかける人が多いんだけど、韓国だと円にすると500円以下が主流みたい。

それでもさ、義理チョコって人数が多くなるから300円くらいのものを10人に渡しても、3,000円でしょ~。日本も韓国も義理チョコ買うのは大変だよね。

ブラックデーって何?

今までは日本の影響を受けている感じのバレンタインデー(+ホワイトデー)だったけど、これから紹介する「ブラックデー」は韓国独自に作られたイベントなの。

バレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れなかった者、恋人ができなかった者同士(ソロ部隊、솔로부대)が黒い服を着て、チャジャンミョン(韓国風炸醤麺)やコーヒー(ブラック)など、見た目が黒い飲食物を食べる日、とされている。

引用:ブラックデーwikipedia

ブラックデーは4月14日で、バレンタインデーとホワイトデー過ぎて恋人がいないソロ部隊達(笑)が黒い服を着てジャージャー麺を食べる日なんです。

黒い服を着て、黒いものを食べるという黒に染まる日なので、きっとジャージャー麺が選ばれたんだろうね。

韓国のジャージャー麺って日本のよりも黒いからね!

ね。すごいインパクトだよね。これを黒い服着て食べるその姿のほうがすごいインパクトか!

でも、このブラックデーが出会いとなって、恋人同士になることもあるらしいので、すべてが悲しい感じのブラックデーではないのよね。

新しい出会いのチャンスがあるってことだからね。

バレンタインデー、ホワイトデーから韓国独自に作られたブラックデーだけど、この3つのイベントには共通点があるの。

それが、すべて14日ってこと!

バレンタインデーが2月14日、ホワイトデーが3月14日、そしてブラックデーが4月14日。

これだけじゃないんだよ。韓国では中高生が一番盛り上がるんだと思うけど、毎月14日はイベントがある記念日になってます。

ネットを通じて、作られていったみたい。

恋人たちの記念日と共に詳しく書いたので、こっちでチェックしてね!

スポンサードリンク

まとめ

韓国のバレンタインデーもほぼ日本と同じなんだね。

バレンタインデーって面倒くさいなって思っちゃってましたが、私もそろそろイベントとして楽しもうかな~。

2月に旅行に行く予定のある方は、バレンタインデー仕様のチョコレートが売っているのに出会えると思うので、チェックしてきてくださいね。

4月のブラックデーにもちょっと参加してみたくない?それはそれで、楽しそうじゃない?!