こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

Nソウルタワーは、ソウルを代表するランドマークの1つだよね。

眺めも抜群で、週末には観光客でいつも大賑わいのスポットです。

ここは韓国カップルだけじゃなくて、海外からもカップルがデートに来るデートスポットになってます。

訪れるカップルたちはハート型の南京錠をつけて愛を誓う場所として有名だね。

そんなNソウルタワーの魅力を紹介します。

目次

  1. Nソウルタワーまでのアクセスは?
  2. ソウルの夜景を眺めながら愛の南京錠を!?
スポンサードリンク

Nソウルタワーまでのアクセスは?

ソウル南山(ナムサン)の山頂にあるNソウルタワーは、日本の東京タワーやスカイツリーと同じく放送用の電波送信のために作られました。

昔はソウルタワーと呼ばれてたけど、今の正式名称はYTNソウルタワーです。

でも、韓国人のほとんどナムサンタワーって呼んでるよね。

南山(ナムサン)にあるからなのかね~。昔からそう呼んでるから?

タワーだけの高さは236.7メートルで東京タワーよりも低いけど、南山の山頂にあるので標高で計算すると479.7メートルになります。

これほどの高さなので、眺めは抜群!

展望台では天気が悪くない限りは約10キロ先も見えます。

夜にはタワー自体が点灯しますが、なんと点灯の色が毎日少し異なって見える不思議な現象があります。

これはソウルのその日の大気によって変わるらしいの。

青や緑に近いほど大気が綺麗で、赤に近い程悪いという印となります。

なので、タワーが確実に見える距離の住民や、社会人、学生たちはタワーの色を見て夜の大気を判断するらしいです。

そんなNソウルタワーへのアクセス方法を紹介するね。

バスを利用する場合には4号線明洞(ミョンドン)駅、3,4号線忠武路(チュンムロ)駅からバス02番に乗車して、Nタワーバス停で下車ます。そこから徒歩で5分ほどです。

ケーブルカーを利用する場合には4号線明洞(ミョンドン)駅2,3番出口から中国大使館領事館まで徒歩15分程でケーブルカー乗り場まで着きます。

4号線明洞(ミョンドン)駅からタクシーでバス停やケーブルカー乗り場に行くことも出来るよ。

時間は約5~10分ほどかかって、値段は500円前後です。

スポンサードリンク

ソウルの夜景を眺めながら愛の南京錠を!?

2005年におしゃれにリニューアルしたNソウルタワーはデートスポットとして連日カップルたちで、賑わってます。

タワーの脇にキーツリーっていうのがあって、ここに南京錠をかけることができます。

人の身長の2倍もあるこのツリーは、ぎっしりとかかっている色とりどりの南京錠でとてもカラフルです。

そしてつけられている南京錠の形はどれもハートばっかり!

よく見るとこの南京錠には愛を誓う言葉などが書かれています。

それはドラマ「星から来たあなた」でデートコースとして登場してから爆発的な人気デートスポットとなりました。

今では、あまりにも南京錠をかけるカップルが増えすぎて、キーツリーだけではスペースが足りず、周りの壁や手すりにも南京錠でいっぱいになっています。

自分の南京錠をどこにかけるか探している内にタワーの周辺をすぐ一周してしまいます。

最近では南京錠には恋人同士だけではなく、家族の健康や友達との友情を願うなど内容も様々です。

また日本人カップルも訪れる様で、日本語のかかれた南京錠もみられます。

また最近では二人で撮った写真をフォトゾーンに貼ることが出来るようになりました。

完璧なデートを完成させるには素敵なレストランでの食事も必要

Nソウルタワーなら、それも叶っちゃいます。

タワーの展望台よりも上の階にあるフレンチレストランは、ソウルで一番高い所にあるレストランです。

このレストランは全席が窓際にあって夜景を眺めながら食事をするには最高の場所です。

しかもなんとレストランのフロア自体がゆっくりと回転するため、目の前に見える風景が少しずつ変わっていく素敵な場所です。

バレンタインやクリスマスシーズンは予約が常に満席になるらしいよ。

男性のみなさん!予約しておかないとね!彼女にサプライズしてあげたいもんね~。

他にも、Nソウルタワーにはいろんな店があります。

高級韓国定食やお手頃な麺料理、軽食からビュッフェとカジュアルバーまで好みで選ぶことができます。

また、韓流ギャラリー、テディベアギャラリー、等身大のマーベルヒーローがあるトイショップなども充実してます。

特にハローキティショップにはNタワー限定デザインの商品もあって、ファンの方は必見!

定番すぎて1回も行ったことのない人は、是非とも行ってみてね~。

カップルだけじゃなくて、友達同士でも楽しいよ~!!

写真を撮りたくなるスポットがたくさんあるし、夜景は綺麗だし。明洞からのアクセスもいいし、気軽に行ける観光スポットだよね。