こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

今回は韓国のトイレ事情について書いてみたいと思います。

初めて韓国旅行に行く人はちょっとびっくりしちゃう、韓国のトイレ事情

私も初めはびっくりしました。

旅行に行く前に、韓国トイレ事情をチェックしておきましょ!

目次

  1. 韓国のトイレ事情は?(page.1)
  2. 韓国トイレ、トイレットペーパーを流せない理由は?(page.2)
  3. まとめ(page.2)
スポンサードリンク

韓国のトイレ事情は?

どこの国に旅行に行くにも、気になるのがトイレが日本とどう違うのかってことだよね。

韓国旅行に行くときも、気になるトイレの事。

韓国のトイレ事情の前に、世界そして日本のトイレの歴史を確認するとなんだかすごいことになってました。

日本のトイレの歴史は縄文時代から始まってたらしいですよ!歴史の勉強だ~!

明治時代には、欧米から水洗式便器が輸入されたりしたそうです。

大正時代になると、浄化槽や下水道の未整備が問題になり重点的にここを改善するようになっていき、それにより下水道が整備されたそうです。

そのあとの日本のトイレの発展はめまぐるしく、1967年(昭和42年)には国産の温水洗浄機能付き便器を発売してたんだって。

これってウォシュレットでしょ!すごくない?こんなに早く今も外国人の方々に人気のウォシュレットの国内生産が開始されてたとは。

2013年内閣府調べで、温水洗浄便座の普及率が76%にもなっていて、日本の4世帯のうち3世帯が温水洗浄便座を保有しているの。

今では、節水は当たり前そして掃除のしやすさ、デザインなどまだま多くを追求しているよね。素晴らしいことだと思います。

では、気になる韓国は?

韓国のトイレについては、日本のトイレの歴史みたいに細かくは調べられなかったけど、1970年代になってから水洗トイレに発展していったんだって。

そして観光ホテルの中には、ウォシュレットが標準装備されてるところもあるよね。ホテルのグレードにもよると思うんだけどね。

ただ、韓国旅行に行くのは初めての人がびっくりすることがあって。韓国のトイレも水洗トイレがほとんどだけど、場所によってトイレットペーパーを流しちゃいけないってところがあるの。

流しちゃいけないって!?ってなると思うんだけど、そんなトイレの個室には大きなゴミ箱が設置してあって。そこに使用済みのトイレットペーパーを捨てるの。

まぁ、びっくりするよね。使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に入れるって、抵抗あるよね。韓国旅行リピーターになると、いつものことって思えるようになるんだけどさ。

日頃の習慣で、トイレットペーパーを流しちゃったことが何度もありますが、私は詰まらせた事は一度もないです。

でも、なんで流せないのか、気になるね。衛生的じゃないって言われることも、たくさんあるしね。

韓国旅行、何を持っていくべき?持ち物チェックはここで!

韓国トイレはトイレットペーパーを流せるけど流せない!?理由は次のページ!