韓国カフェで人気メニューはアメリカーノ?日本のアメリカンとは違う?

韓国カフェ

韓国カフェ、人気メニューはアメリカーノ?

道行けば、多くのカフェが並んでいる韓国ですが、気になる人気メニューは何か調べてみました。

というのも、私も韓国に行くとカフェのはしごをするので(笑)、特にこれ!を飲みたいってものがない時に、お店でおすすめは何ですか?って聞いてみるのが好きで。それが人気というか定番メニューなんだと思います。

その結果、毎回言われたのが「アメリカーノ」

毎回推すな~と思って頼んで、飲んでましたけど、薄めのコーヒーの印象。なので、ずっと日本のアメリカンと同じものだと思ってたのですが!違いました。

アメリカーノとは

アメリカーノ(英語名:Americanoまたはcafe americano)とは、エスプレッソ・コーヒーに湯を注いで作るスタイルのコーヒーのことである。

引用:wikipedia アメリカーノ(コーヒー)

私、そんなにコーヒーにまったく詳しくないのでエスプレッソも知らず。おいしければこだわりなし、みたいな感じでしたけど、今回コーヒーについて調べてみると興味が沸いてきますね。

エスプレッソって

エスプレッソ(espresso)は、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタスとも呼ばれる。demiは半分、tasseはカップの意である。

引用:wikipedia エスプレッソ

同じコーヒー豆でも、ドリップ式で抽出のかエスプレッソ式で抽出したのかで、変わってくるんですね。コーヒー豆も深煎りのものを使うのがエスプレッソ式なのか。

イタリアン食べたときの締めに飲む、あの苦いエスプレッソをお湯で割ったのがアメリカーノってことですね!

あぁ。謎が解けました。

でも、なんで韓国ではアメリカーノが人気なのか、いまだその謎は解けないんですが、もしかしたら韓国料理を食べた後には、アメリカーノが合うとか?そんな理由なのかな~。

日本のコーヒー、アメリカンって?

韓国で人気のアメリカーノ。日本のアメリカンとは違うのか気になったので、調べました!

アメリカン・コーヒーとは、浅く焙煎したコーヒー豆で入れたコーヒー。アメリカンとも呼ばれるがアメリカーノとはまた違ったコーヒー

引用:wikipedia アメリカンコーヒー

アメリカーノは深煎りしたコーヒー豆をエスプレッソ式したものをお湯で割ったもので、アメリカンは浅煎りしたコーヒー豆をドリップ式で抽出したコーヒーってことね。

韓国人が日本に来てコーヒーを飲むと、すべて濃く感じるようなんです。アメリカーノに慣れていると、アメリカンでも濃く感じちゃうのかな。

韓国のカフェではアメリカーノが定番だけど、ほかの飲み物やスイーツも充実させてほかのお店と差別化をはかろうとしていますね。

とりあえずアメリカーノもありだけど、やっぱり季節限定ものとか、韓国に来たからには日本で飲めないものや食べられないものをチャレンジしてみたいですよね。

カラフルなケーキだったり、ワッフルやスムージー。これは絶対カフェのはしご、したくなるでしょ~。

これから寒くなるから暖かい飲み物と、おいしいスイーツでまったりとおしゃれなカフェで時間を過ごしたいな。

最終的にはやっぱり、早く韓国に行きたいで完結しちゃうんだけど…

でも、今回はほんとにコーヒーの勉強になったわ。これで、韓国のカフェをもっと楽しめそう!