韓国クリスマスや冬至の過ごし方は?12月の行事やイベントをチェック!

12月

韓国クリスマスの過ごし方は?

日本はハロウィンが終わると、あっという間にクリスマスの準備になるけど、韓国はどうなんでしょうか?

韓国は旧正月でお正月をお祝いするので、12月は年末というよりクリスマスに力を入れているような感じです。

日本と違って、韓国の12月25日クリスマスは祝日なんです。聖誕節といわれ、ハングルだと「성탄절」と書きます。クリスマスはハングルだと「크리스마스」です。

なんで祝日になっているかというと、韓国はリスト教信者が国民の約30%を占めているからなんです。仏教信者が約20%強なので、仏教よりもキリスト教信者のほうが多いんですね。

韓国は儒教の教えが根付いているのは知っていたけど、儒教って必ずしも宗教として考えられているわけではないようなんです。

キリスト教信者であっても仏教信者であっても、儒教は信仰(この表現はあっていないかもですが…)してもいいことになっています。

儒教は宗教じゃなくて、「教え」と考えたほうがいいかも。

そんな韓国の「クリスマス」ですが、どんな過ごし方をするのか気になりますよね~。

キリスト教信者の方は、教会に行ってミサに参加だと思うんだけどね。

他の宗教を信仰している人も祝日になるので、嬉しいですよね。日本と同じように、クリスマス当日もそうですがイブも盛り上がるみたいです。

もちろん、恋人や家族と共に過ごすことが多いと思いますが、友達同士でコンサートやクラブに遊びに行ったりもするし、お店はセールをやっている時期なのでショッピングも楽しんだりするんだろうね。

恋人同士だとお洒落なレストランやバーに行ったりもするみたい。予約は早めにしておかないと、すぐに満席になっちゃうので、早めの準備が必要だね。

韓国でもクリスマスはケーキを食べるので、ケーキ屋さんや飲食店が熱いケーキ販売戦を繰り広げます。これも日本とおんなじだ~。

そしてクリスマスはイベントも多くやっているので、コンサートも増える時期です。KPOPの力の見せどころですね!

そして、やっぱりみんな大好きで楽しめるのはイルミネーション

百貨店や駅の広場など、毎年多くのイルミネーションが楽しめるようになってます。冬のイルミネーションはとっても綺麗に見えますからね~。

ロッテワールドタワーの広場には19mを超えるクリスマスツリーが登場して、今年のクリスマスを盛り上げているんだって~!

見てみた~い!今回のロッテワールドのテーマは「Winter Fantasy」でツリーのほかにも色んなイルミネーションがあるんだって。日本もそうだけど、韓国もクリスマスの準備早いな。

綺麗なイルミネーションで寒さを忘れたいところですが、かなり寒いので防寒対策はしっかりとしていったほうがいいです!

韓国でもやっぱりクリスマスは大切な人と過ごす日なんですね。

でも、キリスト教信者の方が多い韓国で祝日にもなっているから、イベントとかクラブに行くイメージが沸いてこなかったけど、最近の若い子たちの過ごし方は昔と変わってきているのかな。

韓国で、「まったく最近の若いもんは!」ってセリフが言われているのかも!

私は12月に韓国に行ったときに、風邪を引いてたのでクリスマスの雰囲気を味わずにおとなしくしてました。風邪を引いちゃうと楽しめないので、暖かくして元気に12月を過ごしたいですね!

寒いけど、いろんな季節の韓国を楽しむのも旅行の楽しみですよね!