TONYMOLYおすすめアイライナーはバックステージジェルアイライナー!使い方や落ちにくさは?

出典:http://www.etonymoly.com/html/ItemDetail.asp?guid=4009&cate=159
出典:http://www.etonymoly.com/html/ItemDetail.asp?guid=4009&cate=159
TONYMOLY

こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

日本製も沢山あるジェルアイライナー。

でも、日本製はやっぱり高いのが残念なところ…

同じように質が良くて発色も良くて、でもお値段は手頃で!がいい!

そんな都合のいいジェルアイライナーなんて…と思っているおしゃれガールさんに必見!

お手頃価格で、発色よし!なTONYMOLYのジェルアイライナーを紹介します!

目次

  1. TONYMOLYアイライナーのおすすめはこれ!
  2. バックステージ・ジェル・アイライナー使い方は?落ちにくい?
スポンサードリンク

TONYMOLYアイライナーのおすすめはこれ!

目元の印象を変えるには、アイライナーは欠かせないメイクアイテムですよね。

大きく分けてアイライナーには、ペンシルタイプとリキッドタイプがあります。

どちらも慣れるまでは失敗の連続…。

ペンシルだと、まつげの間を埋めるのがなかなか難しかったり、目尻の質感が不自然になったり。

反対に、リキッドは汗で落ちてきたりラインを引くときに滲んだり太さがバラバラになったり。

ぱっちり、くっきり簡単に引けるアイライナーを探し求めている人も多いよね。

そんな、ペンシルもリキッドも上手くいかない!という方に、是非使ってほしいのが「ジェルアイライナー」です!

韓国コスメのなかでも、ジェルアイライナーは人気のあるアイテムで、なかでもトニーモリー は、コンセプトを「近代的で格好いい女性」、目元にもメリハリを持たせるアイテムを多く出してるの。

アイライナーも幾つか種類がありますが、おすすめはやっぱり バックステージ・ジェル・アイライナーです!

形も個性的でデザインも綺麗だよね~。

内容量は3.5グラムと、見た目にはすごく少なく見えるんだけど、目元にほんの少し使うけだから、1つで数ヵ月は持つコストパフォーマンスの良さも魅力的!

価格は日本でネット購入すると税込み1,130円が標準で、韓国サイトだと、8,500ウォンです。

韓国行って買うのが一番いいんだけどね~。

スポンサードリンク

バックステージ・ジェル・アイライナー使い方は?落ちにくい?

初めてジェルアイライナーを使うときは、今までとまるっきり違う見た目にまず驚くかな。

でも、使い方は至ってシンプル、丁寧に目元にラインを引けば見違えるようなぱっちり目元になるよ。

詳しくバックステージ・ジェル・アイライナーの使い方を紹介するね。

  • 平べったい専用筆が内蔵されているので、少量のジェルを、筆の表裏に均等に付けます。
  • 細くすこしづつ書くことで、綺麗なラインが出来るので筆は横にして、目頭から目尻に向かってそっと引いていきます。より大きく瞳を見せるために、まつげの間を埋めるようにラインを引いてみてください。(沢山とりすぎると、玉になるので少量ずつがコツ)
  • 筆についたジェルは使用後にティッシュでオフし清潔にしてください。そのまま置いておくと、筆先が固くなったり、雑菌が繁殖する恐れがありますので注意してね。

ジェルのテクスチャーは滑らかで、柔らかくて書きやすいし一重や奥二重の方でも、慣れると思いのままに目元を作ることができるよ。

落ちにくくて水に強いウォータープルーフもおすすめの理由!

汗や水分に強いジェルが、乾いたあとにしっかりと膜をはるので、化粧崩れしにくいの。

そのままプールに入っても落ちない強さでパンダ目にならず優秀だよ。

ただ、水分にはすごい強いんだけど、皮脂にすこし弱い部分があって、下まぶたが滲むことがありますが、下まぶたをパウダーで押さえて改善してるよ。

そして、これも嬉しい!カラーバリエーションがたくさんあるんです!

全部で8色!

アイライナーは、濃密な黒が人気だけど、ナチュラルに見えるブラウンや、華やかなパールが入ってるのもおしゃれに目元を飾ることができておすすめだよ。

私は、黒は強い印象になりすぎちゃうから、ブラウンを選ぶことが多いかな~。

初めてジェルアイライナーを使う方は、上手く使いこなせるか心配になると思うけど、プチプラだし。

使いやすいバックステージ・ジェル・アイライナーは、初心者さんに向いてると思うので、是非一度使ってみてね。

スポンサードリンク