親愛なる判事様(韓国ドラマ)あらすじやキャスト、人気は?視聴率も気になる!

出典:http://programs.sbs.co.kr/drama/yourhonor
出典:http://programs.sbs.co.kr/drama/yourhonor
韓国ドラマ

こんにちは。韓国情報発信室、韓国大好き管理人ゆえなです。

今回は、今韓国SBSで放送されているドラマについて、韓国ドラママニアさんに聞いてみたよ。

そのドラマは「親愛なる判事様」

名前から法廷ロマンス?って想像してみてるんだけど、どうなんだろう。

詳しく教えてもらおう~!

目次

  1. 親愛なる判事様、あらすじやキャストは?
  2. 親愛なる判事様、視聴率は?人気?
スポンサードリンク

親愛なる判事様、あらすじやキャストは?

「親愛なる判事様」は、韓国SBSで7月25日から放送が開始されました。

毎週水曜、木曜の22時から放送している韓国ドラマです。

前作「大君~愛を描く~」(2018年上期)で幅広い人気を得た俳優ユン・シユンが、今度は一人二役に挑み注目を集めています。

このドラマでユン・シユンは、量刑基準を外れた判決が一度もないコンピュータ判事ハン・スホと、その双子の弟で前科5犯のハン・ガンホの二役を演じます。

2009年にシットコム「明日に向かってハイキック」でデビューして以来、どちらかというとさわやかな好青年役が多かったユン・シユンですが、その殻を打ち破って彼自身の大きな転機になること間違いなしです。

スタッフは、「推奴(チュノ)」(2010年)「7級公務員」(2013年)のチョン・ソンイル脚本家と、「スターの恋人」(2008年)「仮面」(2015年)を手掛けたプ·ソンチョル監督がタッグを組みました。

プ·ソンチョル監督は、シナリオを深く分析し緻密な演出をすることで知られていますから、どんなシーンが見られるかたいへん楽しみです。

ドラマはハン・スホ判事(ユン・シユン)が死刑の判決を言い渡すところから始まります

同じころ、弟のハン・ガンホ(ユン・シユン・二役)は警察官に取り押さえられていました

検事局に連行されたガンホは、そこで司法研修院生ソン・ソウン(イ・ユヨン)と出会います

そもそもガンホが前科者になったのは、兄スホを助けようとしたことがきっかけでした。

ところが、なぜかスホは警察で弟に不利な証言をしたのです。

幼い頃からスホを偏愛していた母親は、スホの言うことを信じて疑いません。

それからというもの刑務所に入ったり出たりをくり返し、今では前科5犯の身の上になってしまったガンホ。

一方、司法研修院生ソン・ソウン(イ・ユヨン)にも過去につらい経験がありました。

ソウンの姉が被害者となった事件で、裁判所は姉の言い分を認めませんでした。

そのとき加害者側に有利な証言をしたのが、ほかならぬハン・スホだったのです。

冒頭からテンポ良くストーリーが展開し、ガンホとソウンの人物像が無理なく浮かんできます。

スポンサードリンク

そして、なんとスホが何者かに拉致されてしまうのです。

ある事情でまた警察から追われることになったガンホは、拉致された後のスホの部屋へ行き、そこで成り行き上スホの身代わりになる羽目に…。

双子を演じ分けるには、静と動、善と悪などはっきりとした対比がかかせませんが、ユン・シユンはそれを強烈な目の演技で見事に表現しています。

代表作「製パン王キム・タック」(2010年)では、主役キム・タックを演じて一躍スターとなり、新人賞を飛び越えその年の演技大賞を獲得しました。

その後、キム・タック超えに苦労した時期もあったようですが、バラエティー番組出演などを経験し、役者として大きく成長してきたと思います。

最近では自身で作詞した曲を発表するなど、歌手としても才能を発揮していますね。

ヒロインソン・ソウンを演じるのは、映画「背徳の王宮」(2017年)で新人賞を受賞し脚光を浴びた「超大型若手女優」のイ・ユヨンです。

演技派として評判ですから、ユン・シユンとの相乗効果が期待できそうです。

ソン・ソウン(イ・ユヨン)の恋人で、韓国ナンバーワンの法律事務所の御曹司オ・サンチョル弁護士にはパク・ビョンウン、ハン・スホ判事(ユン・シユン)と訳アリな感じのアナウンサー・ジュウンにはアイドルグループHELLOVENUSのナラがキャスティングされました。

もう一人、キーパーソンになりそうな人物を紹介しておきます。

ガンホが刑務所で出会う同室の囚人役を演じているベテラン俳優ソン・ドンイルです。

脇役から主役級まで何でもこなす名優で、出演したドラマや映画は数えきれないのではないでしょうか。

次の登場が待ち遠しい限りです。

スポンサードリンク

親愛なる判事様、視聴率は?人気?

「親愛なる判事様」は偶然にも判事になってしまったガンホが、前科5犯の経験から学んだいわゆる「実戦法律」をもとに、これまでにない度量が大きい判決を行っていくという物語。

不良判事が法廷に風穴をあける的な話ですから、これはもう面白くないわけがないですよね。

視聴率は全国基準で第1話は5.2%、第2話目は6.3%でした。

同じ時間帯のドラマの中で、視聴率は1番です。

その後も第3話は7.0%、第4話は7.7%と、どんどん視聴率が伸びています。

実際に起きた事件をモチーフにしているので、つらく重いメッセージがあるのは当然のことです。

けれども重たいからこそ、全体を痛快な面白さで包みこむことで受け入れることができると思います。

はたして不良判事はどのように成長していくのか、早く見たいですね。

内容的にはちょっと重そうな感じだけど、先を知りたいっていう欲が出てきそう!

それで、視聴率もどんどん上がってきているんだね。

これは日本でも人気になりそう!

スポンサードリンク